カウンター

最近のエントリー

Powered by Movable Type

トップへもどる

2008年5月 2日

教育課程

教育課程(平成20年度)

授業時数配当表 (本年度は、複式カリキュラムA案を実施)
学年 (1・2)年 3・(4)年 5・6年 備考
教科 国語
社会
算数
理科
生活
音楽
図工
家庭
体育
272
***
114
***
102
68
68
***
90
280
***
155
***
105
70
70
***
90
235
85
150
90
***
60
60
***
90
235
85
150
90
***
60
60
***
90
180
90
150
95
***
50
50
60
90
175
100
150
95
***
50
50
55
90
学年別指導
AB案(A)
学年別指導
AB案(A)
AB案(A)
AB案(A)
AB案(A)
AB案(A)
AB案(A)
道徳 34 35 35 35 35 35  
学級活動 34 35 35 35 35 35  
総合的な学習 *** *** 105 105 110 110  
合計
(週時数)
782
(23)
840
(24)
945
(27)
945
(27)
945
(27)
945
(27)
 


各教科の指導計画
教科 重点目標とその対策
国語 〇 国語を正確に理解し適切に表現する能力を高めるとともに, 思考力や想像力及び言語感覚 を養い,伝え合う力を高める。
  ・ 日記や作文などの書く活動を大切にし,話したり,聞いたりする機会を多く設けて言葉で伝え合う力を育てる。
  ・ 目的に応じて的確に読み取る力や読書に親しむ態度を養う。
  ・ 書写の学習の充実をする。
社会 〇 国土と歴史に対する理解と愛情を育て,世界の諸問題について関心を深める。
  ・ 問題解決的な学習や作業的体験的な学習を展開し,学ぶ方法を身につけさせる。
  ・ 身近な地域での体験や活動を学習過程に位置づけ,地域に密着した学習を進める。
算数 〇 学習の仕方を身につけさせるとともに, ひとり調べや考えの出し合いの場を通して, 数学的な見方や考える力を高める。
  ・ ドリルの活用やきめ細かなノート指導の場を通し,基礎的な知識技能の習熟を図る。
  ・ 日常の生活における様々な事象と関連づけながら,学ぶ楽しさや充実感を育てる。
理科 〇 観察や実験などの活動を重視し,科学的な考え方を養うとともに, 自然に親しむ機会を多 く持ち,自然を愛する心情を育てる。
  ・ 実験,観察,物づくりなどの活動を,課題を追究する場面に仕組むことで事象の性質や規則を実感させ, 科学的な考え方を育てる。
  ・ 一人一人の自然や科学に対する関心・意欲を大切にし,考えを練り合う態度を育てる。
生活 〇 地域の自然や動植物,人々との楽しい交流活動を通して, 自然や社会と主体的にかかわっ ていこうとする態度や豊かな感性を養う。
  ・ 身近な自然や地域の人々とふれあう機会を多くし,知的な気づきを大切にして意欲的な  活動を促す。
  ・ 多様な活動や体験を保障し,子どもの主体的,実践的な態度を養う。
音楽 〇 表現・鑑賞を通し,音楽を愛好する心情と音楽に対する感性を育てる。
  ・ 児童が主体的に取り組む表現の場を大切にし,リズムの楽しさ,旋律の美しさ, 和声の 美しさを感じとる場を多く取り入れる。
  ・ 全校児童による活動を通して,仲間と共に音楽を創り上げる喜びと感動を体験させる。
図工 〇 表現・鑑賞の多くの活動を通して,豊かな創造力を養う。
 ・ 身近な素材を生かした表現方法を工夫し,対象に素直に感動する心を育てる。
 ・ 個性的な表現力を育てるとともに,創造活動の楽しさや喜びを味わわせる。
家庭 〇 家庭生活への関心を高めるとともに,日常生活に必要な基礎的・ 実践的な知識や技能を身 につけ,家族の一員として生活を工夫しようとする態度を育てる。
  ・ 家庭生活の中から,問題をつかみ,それを解決していく力を育てる。
  ・ 製作や調理などに関する基礎的技能を高め,よりよい生活を目指して創意工夫する能力を育てる。
体育 〇 発達段階に応じた運動に親しませ,健康増進や体力の向上を図る。
  ・ 運動の特性と児童一人一人の発達的特性を明確にして, 段階を踏まえた指導計画を作成することで運動の基本的技能を身につけさせ,体力の向上を図る。
  ・ 各種の運動に課題を持ち,活動を工夫することによって,運動の楽しさや喜びを味わう  とともに, 互いを認め合い協力し合う態度を育てる。
  ・ 健康・安全に留意して,自主的に健康な生活を実践する能力と態度を育てる。