最近の記事(せせらぎ日記より)

|

720 (2).jpg720 (1).jpg

 本日、全校児童が出席して、1学期の終業式が行われました。校長先生からは、ピアノパラリンピックのお話がありました。「不可能を可能にする精神」のもと、2005年から開催され、体にハンディを抱える方々が約120名参加されたそうです。日本の岩崎さんは、生まれてすぐに脳性麻痺となり、右手の指1本で演奏されます。お母様と一緒に各地で演奏会を開いてみえ、東日本大震災の被災地にも行かれたそうです。岩崎さんの存在を子供たちに教え、目標をもって諦めずに励んでいこうと話されました。また、この1学期に頑張ったことを、各学年の代表児童が発表しました。国語を頑張ったこと、算数の計算を努力したこと、クロールで泳げるようになったこと、いろいろな行事に全力で取り組んだことなど、一人一人が自信を持って堂々と述べていました。

※その他の記事は、左のメニューボタンや、月別アーカイブの▼をクリックしてご覧ください。
このページの下にあるメニューからも、最近の記事がご覧いただけます。


学校経営

IMG_01.jpg

校 訓 「求めてはげむ」

教育目標 ≪ めざすひがしっ子 ≫

 (ひ)… 人の立場を思う心を持つ子(思いやり)… (徳)
 (が)… がんばり続ける体を持つ子(たくましさ)… (体)
 (し)… 調べ、解き進む力を持つ子(学ぶ力) …(知)

経営方針

  • 基礎的・基本的な知識・技能の習得と主体的に学ぶことのできる力を高める学習指導を充実し、確かな学力を身につける児童の育成に努める。
  • 環境緑化活動や縦割り班による異年齢交流活動を積極的に推進し、思いやりやたくましさを持ち、心身ともに健康な児童の育成に努める。
  • 教師の力量のための研修を積極的に行い、専門職としての知識・技能を身につける教師の育成に努める。
  • 学校・家庭。地域社会との連携強化を図り、一体となって児童の安全確保や健やかな児童の育成に努める。

 


 
緑化運動
IMG_02.jpg

 自然を愛し、心を育てる学校緑化

― 緑とともに生きる子供の育成 ―

目 標

  • 環境緑化活動を通して、互いに協力し合い勤労の尊さを体験し、健康で安全な生活態度を養う。
  • 環境緑化施設を積極的に活用し、児童相互及び児童と教師のよりよい人間関係を深める。
  • 緑豊かな環境を整備し、自然への愛情を深め豊かな情操を育てる。
  • 動植物の愛育、成長過程の観察を通して、科学的な見方、考え方を養う。

今年度の重点

緑に感謝する     緑を深める     緑を発信する


 
教育研究

研究テーマ

 確かな学力を身につけ、心豊かに生きる児童をめざして

― 「響き合える学習」で自力解決の見通しを持たせる授業 ―

  • IMG_03.jpg児童の発言を生かし、個と個のかかわり合いを大事にすることによって響き合う学習をつくり上げる。
  • 自然に感動し自然を大切にし、自然を守り育てる心を育てる。
  • 考える足場を使った授業展開を心がける。 



 


 

月別アーカイブ