本日の予定

☆★本日の予定★

 20日(水) 1学期終業式 引き渡し訓練(生徒のみ)

☆★今後の予定★☆

  

 21日(木)から  夏休み

 

 

 

一学期終業式

IMG_7714.JPG

今日で一学期が終わりました。夏休みは42日間です。この期間は、自分でスケジュールを立てて実行していく、自由だけれども、計画性と実行力が必要となります。3年生は、自分の進路に向けて、2年生は新チームの中心的存在として、1年生は中学生最初の夏休みとして、それぞれの立場で有意義な42日間を過ごしてください。9月1日には、一回りも二回りも成長したみなさんと出会えることを楽しみにしています。

心願

梅雨明けが待ち遠しい。が、校内の紫陽花は手放しで雨を喜んでいるように見える。場所により「露草色」「本紫」そして「白藤色」と変化をつけて咲き誇っている。

 運動場に一歩足を入れると、「こんにちは」と野球部から声が飛んでくる。一斉に練習が止まる。止めてしまう申し訳なさとは裏腹に、うれしさがこみ上げる。目の前を陸上部が走り過ぎる。辛いのに「こんにちは」と、通り過ぎる瞬間に声をかけてくれる。サッカー部のゴールを目指すシュート練習に、遠くからでも真剣さが見て取れる。キャッチからパスまでの器用な手さばきに一段と磨きがかかったハンドボール部の練習は醍醐味を感じさせる。声を出し一球一球を大切にするストロークは頼もしさを感じさせてくれるようになったテニス部。武道場の西扉からは、熱気と共に乾いた竹刀の音と畳を叩く音が漏れてくる。東扉からは、汗が滴り落ちるのも気にしないかのように一心にピン球を打つ卓球部。二階に登り南扉、北扉から見るバレー部、バスケット部。先輩から受け継ぐ大いなるプレッシャーに懸命に挑む姿、今年こそはと懸ける意気込みが覗く網目から流れ出る。

27ヵ月におよぶ部活動。選手と補欠のはざまで悩んだ。楽をしたい自分と葛藤した。先生との確執に悩んだ。チームワークの難しさに苦しんだ。友達と自分を比べて悩んだ。でも、今は、目の前の大会に全員で立ち向かおうとしている。不思議なことに、人間にはその時々を真剣に生きていると、たとえそれが辛いことであっても、過ぎ去ってしまうと懐かしい思い出になっていく。「思い出の多い人ほど幸せな人生である」という言葉がある。その意味では部活動は想い出づくりの宝庫であり、その瞬間が刻々と近づいている。

この新聞が手に届くころには市長杯も終わりに近づく。結果はどうであれ胸を張ってほしい。3年生が挑んだ部活動は竜南中に大きな足跡を刻んでくれた。

紫陽花が姿を消すころ、一段とたくましくなった竜南中生の姿が見られるだろう。また一つ楽しみが増える。

紫陽花は土壌の影響で色が変わると聞く。竜南中学校の土にも個性があるようだ。玄関前の木々が、いつのまにか緑濃くなり、緑のアーケードが出来上がった。その下を、通る笑顔ある竜南中生がまぶしく光る。

 

「負けるもんか」桜の思い

 咲き急いだ桜が、雨にも負けず、4月7日の入学式にも残ってくれた。「負けるもんか」としがみつく桜の花びらがいじらしい。そして、ありがたい。

入学式では、182名の新入生が胸を張って入場。これで、3年生188名、2年生176名を合わせ、全校生徒546名がそろい、再び活気ある学校となった。

 開校以来、「質実剛健」を校風として受け継ぐ本校は「知・徳・体」の調和のとれた、たくましく心豊かな生徒の育成を目指す。

「質実剛健」の「質」は素朴、「実」は誠実の意で、「剛健」は心や体が強く、たくましいこと。「質実」を、規律を守り、目の前のことに真剣に取り組むととらえ、「剛健」を、明るく健康で、忍耐力をもち、常に自分を磨く試練を課すととらえる。本年度は、これらを受け、入学式・始業式では、三つのことを話した。

一つ目は、中学校では、自分の判断で行動する場面が多くなる。そのために、適切に判断し、選択する力が必要となる。本年度は、「頭を働かせよく考える」「心を働かせ心を耕す」「体を鍛え健康で強い意志をもつ」ことに力を注ぐ。

二つ目は、中学生の潜在能力は計り知れない。自分は何ができるのかは、やってみなければわからない。まずは「挑戦」する意欲をもちたい。

三つ目は、身近な友達、学級での仲間、学年としての集団、そして部活動での関わりと、人としての多くの付き合いの中で、それぞれの良さを認め、また異なるものを受け入れようとする心を育て、「人間関係づくりの練習をたくさんする」ということ。

 1年生の真新しい制服が校内に光を放つ。2年生の少し大人びた雰囲気が教室に落ち着きをかもし出す。そして、3年生が「学校の主役」として新しい竜南中を創ろうとしている。学校中が28年度を走り出したことになる。「負けるもんか」としがみついていてくれた桜の花びらも、今は葉桜となった。この桜が咲く来年の今頃には、一回りも二回りも成長した竜南中生が桜の木の下に集うことを期待したい。

明日は市長杯!

 明日は市長杯の続きが行われます。ここまで練習してきたこと、身につけてきたことを全て出し切って戦いましょう。

 勝負をすれば、必ず勝者と敗者に分かれます。2年生の学年通信の最後に載っていた一文を紹介します。

 「”私はできる” そう考えている人が結局勝つのだ」

 初めから負けると考えている者に、勝利の女神は微笑まない。勝つこと、成功することをイメージしてプレイしましょう。ただし、焦ってはいけない。「負けたら終わり」というプレッシャーの中、今までやってきたことをどれだけ徹底してできるか、想定外の場面に対してどれだけ落ち着いてできるか。

 緊張もするでしょう。だけど、それは対戦相手も同じ。だからこそ、緊張を越えたその先にある120%の力を出すことが大切なのです。

 良い結果を期待しています。がんばれ、竜南中!

集中して取り組む

 いよいよ2日語に迫った市長杯。3年生にとって最後の大会が先週から始まっています。運動場やグランドから響く声に今まで以上に熱が入っているのを感じます。

結果ではなく、どの部活も「最高の市長杯だった。」と、胸を張って言えるように残り少ない練習時間を大切に過ごしほしいです。そして、1・2年生は3年生が気持ちよく試合に臨めるように練習の準備、コート整備、声だしなど、できることを精一杯やりましょう。

頑張れ!竜南中!

3日間の保護者会が終わりました

本日で3日目を迎えた保護者会。

たった10分、15分の短い時間でしたが、保護者の皆様とお話しすることで、

学校での様子を共有したり、お家での様子を共有したりすることができ、

とても充実した時間となりました。

保護者の皆様にとっても、そんな時間になっていれば幸いです。

3年生では、生活の様子や進路の話をさせていただきました。

それぞれの夢や、目標に向かって努力する生徒たちに寄り添い、

一歩でも目標に近づけるような進路を選んでいけたら、と感じました。

3年生は、間もなく部活の引退を迎えます。

引退後は、これまでと生活リズムが変わってくると思いますが、

充実した夏休みを迎えられるよう、残りの1学期、4日間を

大切にしていってほしいと思います。

 

じめじめとした天気が続きますが、どの学年も晴れやかに1学期が終えられるといいですね。

市長杯まで

本日は保護者会2日目になります。子どもたちは、保護者会の時間にも熱い中、一生懸命部活に打ち込んでいます。

テニス部では先週から3年生一人一人にホワイトボードにメッセージを書き込んでもらって、それをコートのイスに置いています。そのホワイトボードには、「笑顔でがんばろう」、「今の時間を大切に」、「声をだそう」など思いのこもった言葉を書いてくれています。どの言葉も思いがつまっていて、気持ちが一つになっていくのを感じます。

本当に仲間とともにたくさんの努力をし、挫折を乗り越えてきたテニス部の3年生の子どもたちなので、今までがんばってきたものすべて出し切ってほしいです。

きっとすべての部活でいろいろなドラマがこれまでにあったと思います。市長杯にむけて、仲間と過ごす練習の時間をかみしめてくれるといいです。

次の試合に向けて

s-P1040189.jpg

9日,10日に市長杯が幕を開けました。

各会場で,竜南中生の活躍が見られました。

16日(土)に続きの試合や,初日を迎える部があります。

今日から保護者会で,担任を務める顧問は練習に参加できませんが,

生徒たちは自分たちで一生懸命に練習に取り組んでいます。

市長杯選手激励会で

IMG_7059.JPG市長杯を控え、選手激励会が行われました。各部選手の気合の入った入場に始まり、校長先生、文化部の生徒代表による激励の言葉が送られました。そして、各部主将が市長杯へ向けた決意を力強く宣誓しました。その後の激励パフォーマンスが素晴らしく、竜南中がまさに一丸となりました。メディア部が作成した激励ビデオは例年にも増して見やすいものになっており、選手たちはこれまでの自分たちのがんばりを振り返り、モチベーションを高めることができたことでしょう。続いて、応援側となる生徒全員による応援が披露されました。5月に行われた総体の時に活躍した1年生の応援リーダーを中心に、ほぼぶっつけ本番の応援にもかかわらず、迫力のある素晴らしい声援が送られました。さらには、3年生の教師集団による応援まであり、会場が一体となり盛り上がりました。選手のみなさんは間違いなく、市長杯に向けたやる気を最大限に高めたことでしょう。いよいよ明日から市長杯本番です。各会場で勝負に挑む選手のみなさん、竜南中にかかわる全ての人が応援しています。ぜひ、それを自分たちの力に変え、勝ち進んでください。がんばれ!!!

 

部活動への思い

  蒸し暑い日が続き、体調管理が難しい季節ですが、いよいよ明後日に迫る市長杯に向けて、部活にも熱が入ります。

市長杯は多くの3年生にとって最後の試合となりますが、中にはもうすでに最後の大会を終えた3年生もいます。

先日ある男の子が、もう部活に行く意味がないなぁとしょんぼりしていました。

先週最後の試合を終えたため、部活に行く意味を感じられなくなっていたようでした。

でも、話をするうちにだんだん元気が出てきて、最後には

「市長杯に出場するメンバーのサポートや1年生の教育係として頑張ろう!!

頑張って練習したら、今からでもメンバーになれるかもしれない!」

と笑顔で部活へと向かっていきました。

3年生はもちろん、1・2年生も、さまざまな思いを持って、部活に取り組んでいるんだなということが感じられて、とてもあたたかい気持ちになりました。

お互いの思いを大切にしながら、残り少ない時間の中で真剣に、大切に取り組んでいきたいですね。

P1150234.JPGP1150218.JPG

 

アーカイブ

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ