カウンター

本日昨日
累計

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

アーカイブ

【携帯版】
お知らせ
「お知らせ」

QRコードを読み取ることで、携帯電話からも「お知らせ」が見られます。
http://www.oklab.ed.jp/mt/mt4i.cgi?cat=697&id=39

Powered by
Movable Type 4.13

H28 9月8日(木)  わくわく発見学習

CIMG3010.jpgCIMG3026.JPGP9081157.JPGP9081200.JPGCIMG0032.JPGCIMG9858.JPG 今日のわくわく発見学習で、低学年はのんほいパーク、中学年はマキタ岡崎工場とりぶら、高学年はトヨタ車体とトヨタ子ども科学館に出かけました。前日まで台風の進路が心配されましたが、途中、雨には降られたものの、予定どおり行うことができました。中学年の子どもたちは、車窓から工場を取り囲む田んぼや畑が広がる六ツ美地区の様子を目にしながら、ひと際大きなマキタ岡崎工場に到着しました。まず、DVDを視聴して工場の概要を学んだ後、いよいよ工場を見学しました。人の気配がなく、主に機械で部品が製造されている広いフロアを見学したり、多くの人たちが立ったまま仕事をしているフロアを見学したりしました。この工場では、働く人たちや環境に配慮しながら、使う人たちに喜んでもらえるようなよりよい製品づくりに取り組んでいることが分かりました。次に、バスに乗ってりぶらに向かいました。りぶらに着くと、楽しみにしていた昼食をとりました。それから、むかし館を見学しました。むかし館では、今から50年前と80年前に使われていた古い道具を目にしたり、手にしたりすることができました。今、子どもたちが実際に使っているものと比べて、その機能の違いはもちろんのこと、その重さの違いに驚いていました。その後、子ども図書館でそれぞれ本を読んだり、本を借りる活動を体験したりしました。どの子どもたちにとっても、文字どおり「わくわく」「発見」がいっぱいの1日になりました。