カウンター

本日昨日
累計

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

アーカイブ

【携帯版】
お知らせ
「お知らせ」

QRコードを読み取ることで、携帯電話からも「お知らせ」が見られます。
http://www.oklab.ed.jp/mt/mt4i.cgi?cat=697&id=39

Powered by
Movable Type 4.13

H28 5月24日(火) 地域に学ぶ学習が盛んです

手もみ (215x161) (2).jpg 和紅茶を淹れる (215x161) (2).jpg 種イモ植え (215x161) (215x161) (215x161).jpg 種イモ植え (2) (215x161).jpg
 今年の宮崎小学校の研究テーマは「故郷みやざき再発見」です。何となく知っている、聞いたことがあると思っていても、実は、あまりよく知らないことが身の回りにはたくさんあります。宮崎のお茶作りも、石原の自然薯作りも、その一つ。それらのものに「出会い直し」をすることで、自分の住む地域の人・もの・ことについて考え、もっともっと大好きになっていくことでしょう。
 3・4年生は、宮ザキ園さんに教わって、手もみの和紅茶作りに挑戦しました。一晩乾燥させたお茶の葉をにビニール袋に入れ、もむこと40分。発酵が始まり、色も香りも変わってきました。さらに一晩おいてから、天日に6時間さらすと、立派な和紅茶の出来上がり。茶葉の分量やお湯の量、蒸らし時間をきっちり守って、本格的に入れた和紅茶は、ほんのり甘くていい香り。他では味わえない一杯となりました。
 2年生は、山口さんと生田さんの指導の下で、自然薯作りに取り組んでいます。今日は、種いも植えの日。自分の指の太さくらいしかない種いもを、優しく寝かせて、上からそっと土をかぶせました。「大きくなってね、と声をかけるといいよ」と教えてもらい、自然薯への思いがぐんぐん高まっています。
 地区の方の温かいご協力により、子供たちの学びが深まっています。ありがとうございます。