カウンター

本日 昨日
累計
最終更新日:2019/06/24 14:22

アーカイブ

« 2013年12月 | トップ | 2014年2月 »

2014年1月31日

凧揚げに大喜び!なんですが...

P1070917.JPG

 1年生は今、生活科の学習の一環で凧を作り、実際に飛ばして、「どうすると凧は、高く・安定して飛ぶか?」を研究しています。今日の3時間目は、1年2組の子たちが挑戦していましたが、今日は北風が強過ぎて、木に凧が絡まったり、尻尾がちぎれてしまったりして、とっても楽しいんだけど、悪戦苦闘っていう感じでした。

 そういえば、先週の土曜日、PTAの役員さんたちも、今度の2月2日(日)の凧揚げ大会に出場させる「凧君」の揚がり具合の調整をしてみえました。尻尾の長さを変更するなど、様々試行錯誤してみえました。

 この2つの光景を見ていて思ったことは、「凧揚げというのは、大人もつい夢中になるほど楽しいものですが、どうすれば大空を悠々と舞いあがるのか?奥が深く、その原理を極めないとこちらの思い通りにはなかなか飛んでくれないだな~!」ということです。

 今度の2日に行われる歩け歩け大会、そして凧揚げ大会では、老若男女、全員が楽しくよい思い出が作れるといいなと思っています。

2014年1月30日

「冬の雨(寒の雨)降る日」の良さ・・・

P1070910.JPG

 今日は、1月8日以来久々の「冬の雨降る日」となりました。冬晴れの寒い日には、よく乾燥注意報が出されます。一般的に快適な湿度は40%~70%とされています。昨日の湿度は、25%~30%くらいの時間帯がありました。でも、今日はといいますと、今現在、70%くらいあります。

 冬、雨が降り、空気の乾燥がおさまり、快適な湿度になると、実はとても良いことがあります。それは、風邪やインフルエンザの流行が防げるからです。実際、インフルエンザウイルスは、湿度50%以上で激減するそうです。

その理由は、湿度の高い状況では、ウイルスはすぐに地面に落下してしまい、空気中に長い時間漂うことができないからです。ところが、湿度が40%以下になるとウイルスの水分は蒸発して軽くなるため、落下速度がゆっくりになり約30分間程度、空気中を漂ってしまいますですので、昔から冬場、部屋で過ごす時には、火鉢でお湯を沸かし、蒸気を部屋いっぱいにして乾燥を抑えてきたんですね。これこそ、昨日の3年生が見学した「昔の人々の暮らし」の知恵ですよね。

さて、そんな雨降りの今日のなかよしタイム、1年生・2年生の教室に入ってみました。すると今日も、折り紙を見せに来てくれたり、仲良くカルタをしていたり、読書をしていたり、お絵かきをしていたりして楽しく、有意義に放課を過ごせていて、うれしく思いました。中には、音楽の授業の予習?復習?で、鍵盤ハーモニカの練習をしている子もいて、感心・感心と思いました。

今日は雨降りですが、まだまだ寒くて乾燥する日が続きます。風邪やインフルエンザがいつ大流行するか分かりません。どの子もしっかりと予防対策をしてください。

2014年1月29日

①2年生、お母さん体験、②3年生「暮らしのうつりかわり」展見学

DSCN1004.JPG

①昨日予告させていただきました2年生、×妊婦体験、○お母さん体験の写真を入手しました。廊下ですれ違う時、掃除の時間、ペットボトルの入ったナップサックをお腹に背負った?2年生を見掛け、「どう?重い??」と尋ねると、「ペットボトルが3本も入ってるんだよ。もう、1日でいいや!」という答えが返ってきました。実際そのナップを持ち上げさせてもらうと、想像以上に重く感じました。きっと子供たちも、お母さんの苦労やありがたさを実感したのではないかなと思いました。

 また、教室には、自分たちが赤ちゃんだったころの小さな小さな靴やベビー服が置いてありました。それらを見ることによって、自分や友達の成長ぶりも実感したことでしょう。

②今日、3年生は給食を取り終えてすぐに、岡崎市美術博物館で開催されている「暮らしのうつりかわり」展に出掛けました。私も少しの時間この展覧会を一緒に見学しました。はじめに、美術博物館の担当の方が、「昔の家庭」の様子が再現された、畳の部屋にある様々な道具や物の名前を3年生のみんなに質問され、正解を教えてくださり、詳しい説明をしてくださいました。

 質問されると多くの子が挙手をし、「ちゃぶ台」「おひつ」「火ばち」「白黒テレビ」「足踏みミシン」など、正確な名前を答えることができ、感心しました。

 その後、クラスごとに館内に展示されている昔の物を自由に見学しました。「おばあちゃんの針仕事道具」「お湯を入れたり、熱したりして使うアイロン」「たらいやかめ、はちやおけ等の水を溜めたり汲んだりする道具」「はんてんや湯たんぽなどの日ごろ使っていた物」・・・、「あ~、昔、家にあった!あった!」という物がいっぱい展示されていました。「ピンクの箱に入った折り畳み式の木琴」なんてまさに、おんなじ物が我が家にもありました。

 その一方で、「長持(ながもち)」とか「「サイタ サイタ サクラ ガ サイタで始まる国定国語読本(19331940)」、「階段ダンス(箱階段とも言うそうですが…)」など、昔といっても、さすがに私も生まれてから一度も見たこともないような古い物も一緒に展示されていました。ですので、「どれくらい昔なのか?」が順番に分かるように展示されていると、もっと子供たちも、時代の移り変わりが分かりやすかったかもしれないなと思いました。

 とはいえ、「なぜ、今のような電化製品が開発される必要があったのか?」とか、「昔の人は、大変だっただろうな~!」ということが、本物を見て、お話を聞いて、よ~く分かったと思います。これから、学校に戻って、見学の感想や発見したこと、考えたことなどを話し合えるといいですね。

2014年1月28日

4年生、理科の校外学習!オモシロ体験!!

P1070844.JPG

 今日、4年生は豊田産業文化センターの中にある「とよた科学体験館」に出掛けました。

まず、4年生の理科で習う「月と星」の勉強の一環でプラネタリウムを見学しました。私は見ることができませんでしたので、内容や感想については省略します。

次に、ホールに移動し、毎月実験の内容が変わるサイエンスショーを見ました。こちらのショーは、私も一緒に見させてもらいましたので、その様子をお伝えします。

今月の内容は「空気の力」ということで実験は行われました。これまた、4年生が理科で習う「空気と水の性質」=「閉じ込めた空気に力を加え、その体積や圧し返す力の変化を調べ、空気の性質について考える。」という学習内容にまさにぴったんこでした。とても面白い実験ばかりでした。プラネタリウムを見て、このショーも見て・・・と、この企画を考えた4年生の先生は「すごい!」と感心してしまいました。

30分ほどのショーでは、でんじろう先生みたいに白衣を着て、ヘッドセットマイクを付けた男の講師の方とアシスタントのような女性講師の方が、いろんな実験をし、説明をしてくださいました。その一部を以下に紹介します。

・ペットボトルに自転車の空気入れで空気を入れて、ポ~ンと飛ばす『ペットボトルロケット』の実験

・大きな注射器の先がつながっている布団圧縮袋に絢香先生が座り、指名をされた子がその袋に空気を送り込むと、絢香先生が浮いてしまうという『エアーいす』の実験

・ペットボトル型の缶に少しだけ水を入れ熱し、水蒸気で中の空気を取り除いた後、ふたをすると缶がペチャンコになってしまうという実験

・7.26kgもある砲丸や巨大風船が空気の力で浮き上がってしまうという実験

・巨大な空気砲が大きな煙のリングを飛ばすという実験

などなど、空気の力=大気圧について様々学ぶことができました。私も見ていて、講師の方の説明を聞いていて、「へぇ~、そういう理屈か~!」と感心することばかりでした。

 4年生のみんなにとって、よい勉強になったと思います。今度は明日、3年生がどんな貴重な体験をしてくるのか?とても楽しみです。

PS:写真を撮り忘れてしまいましたが、今日2年生の子たちが妊婦体験(ナップサックに1ℓのペットボトルを3本入れ、お腹の方で背負う?体験)をしました。

 これも生活科の学習の「自分の成長の過程を振り返ることで、自分を支えてくれている人の存在に気付き、感謝することができる」という目的の一環で行ったものです。この写真、もし、2年生の先生が撮っていて入手できるようでしたら、明日のホームページで紹介したいと思います。

2014年1月27日

教育委員会の先生が北野小を訪ねてくださいました!

IMG_7617.JPG

 今日、お二人の教育委員会の先生方が、北野小を訪問してくださいました。

 生活科や総合学習で自分たちの研究してきたことを追究する授業、楽しく英語を学ぶ活動の授業、パソコン教室での授業、音楽の演奏会の授業、理科で実験をする授業・・・、他にも体育の授業や家庭科の調理実習、そして、国語や算数、社会の授業など、様々な学習にがんばる北野っ子の授業を見てくださいました。

 そして、学校を回られた後、次のような嬉しい感想やご指導の言葉をいただきました。

・校門を入る時、「守る会」の方々が温かく出迎えてくださいました。こんな学校は初めてです。

・廊下をすれ違った時、子供らしい元気のよいあいさつが自然と返ってきて、嬉しく感じました。

・廊下や下駄箱のところに飾られている絵や版画の作品が、どれも素晴らしくて感心しました。

・「がんばる北野っ子(学年別のお写真のコーナー)」に写るみんなの顔がとても素晴らしく、一つ一つの行事に真剣に取り組めていることが分かりました。

・先生の表情が温かく、子供たちのことをよく考えた質問や課題を投げ掛けているなと感じました。

 これ以外にもいっぱい「各クラスの良いところ」を教えていただきました。逆に、「もっとよくしていくとよいところ」も教えていただきました。   

 やはり、いろいろな学校を見て回ってみえる先生方に、うちの学校の様子を客観的に見ていただき、感想や意見を教えていただくことは「とても勉強になるな!よい機会だったな!!」と思いました。

2014年1月24日

2月に向けて 季節も小学校も始動!

①玄関に桜の花が咲きました。塚本先生の家には、もうはい桜が咲いているんですね。寒い日が続きますが、春はちゃんと近づいているのですね。ところで、今日の昼間、お日さまの下はぽかぽかで、小学校の子どもが、「もう夏の入口みたいだね」とおもしろいことを言ったので、それを聞いた長谷川先生は思わず微笑んでしまいましたとさ。

②1月もあと1週間で2月。2月3日は、節分。この鬼さんと岡目さんのお面は、どこに置いてあるのでしょう?

③2月13日と14日は、学校自由参観日&文化展。展示する子供の作品は版画が多く、各学級では、版画の版作り真っ最中。

④みんな、真剣に取り組んでいます。きっと、すばらしい作品になることでしょう。乞うご期待!

s-060.jpg

2014年1月23日

①6年「租税教室」!②リニュアル校舎地図リニュアル&ニュー学区地図!!

P1070833.JPG

①昨日、「外部講師による指導授業や体験学習の今後の予定」でお知らせし忘れましたが、今日、6年生の「租税教室」が行われました。これは、岡崎税務署が主催し、税金について研修を積まれた民間企業のボランティアの方々が講師となって指導してくださる授業です。

 講師の方が授業の初めに、「どんな税金があるか?」「税金は納めなくてはいけないか?」などの質問をされても、あまりよく知らなかったり、「税金なんて納めなくていいんじゃないか?」などの感想を持ったりする子もいました。ですので、税金の仕組みをカードを使って分かりやすく説明をしていただいたり、税金を納めないと「家が火事になり消火してもらうために、莫大なお金がかかる」「救急車もお金を払わなければ乗れない」「交番で道を尋ねるだけで料金が発生する」「公園がなくなる」「道路を歩くだけで通行料が掛かる」・・・、などの恐ろしい現実が待っているかもしれないというアニメを見たりして勉強をしました。するとその結果、授業の最後には全員、「税金は納めなくてはいけない」という考えに変っていました。

 ということで、6年生の子たちにとっては大変勉強になる授業をしていただきました。

②PTA役員の皆様のご意見もいただきながら、来賓玄関の前にある校舎地図をリニュアルさせていただきました。そして、国旗掲揚塔の下にある「気候観察用の古~い黒板」に替えて、ピッカピカの学区地図を新設させていただきました(これからは、地域学習に出掛ける時、この掲示板の下で学年・学級の子供たちが集まって、行き先や施設の位置を確認して出発することができると思います)。

 この地図作成には、資源回収収益金の一部を活用させていただきました。日ごろの保護者の皆さまのご協力に心から、感謝いたします。ありがとうございました。

2014年1月22日

外部講師さんと報道陣で大にぎわい!!

P1070789.JPG

 今日は、1年生「むかしの遊びを学ぶ会」に23名、4年生「ダスキン出前授業」に4名、5年生「日本の伝統音楽を学ぶ会」に4名の講師さんが、ご指導に来てくださいました。

 報道陣も、東海テレビ・ミクス・FMおかざきと3社も取材に来てくださいました。

 こうして、子供たちがその道のプロのお話を聞き、なかなかできない本物の体験をする機会は、とても有意義なことであり、大切にしていきたい教育だと思っています。

 5年生では、琴の講師の先生が、「これは、私が小さい頃、宮城道雄先生と一緒に撮った写真です。」の話を聞くと、子供たちから「オ~ッ!」という歓声が上がっていました。1年生のコマ回しのところでは、「えいっ!」と、とても上手に回すことのできる子がいました。あやとりのところでは、講師の方々に丁寧に教えてもらいながら、お互いに見せ合い、褒め合い、ほのぼのとした風景を見ることができました。4年生の掃除の仕方の実演指導では、上手な掃除の仕方とそうでない仕方の違いを一生懸命見付け、発表していました。

 来週も4年生は、理科「星の動き」の学習の一環で「とよた科学体験館 プラネタリウム」の見学に出掛けます。3年生は、社会科「かわってきた人々のくらし」の学習の一環で、岡崎市美術博物館で行われている「暮らしのうつりかわり展」に出掛けます。さらに、2年生は、2月中旬に生活科「のりものたんけん」の学習の一環で、愛環やJRに乗る体験をし、竹島水族館に出掛けます。

 ぜひ、事前の学習(予習)をしっかり行い、本物の体験で感動し、事後のまとめや発表(復習)で、互いの考え方を深め広げる学習にしていきましょう。

 

2014年1月21日

マスクで元気+正しい手洗い&うがいをこまめに・・・

P1070781.JPG

今日のすくすく(保健だより)の裏面に、「マスクで元気(インフルエンザ予防)」の文章を載せてもらいました。マスクで予防、マスクでエチケットはインフルエンザを蔓延させないために、とても重要なことです。

それに加えて手洗い・うがいも本当に重要だと思います。おとなりの矢北小では学級閉鎖も出たそうです。本校でも1年生にインフルエンザが流行り出しました。また、全国的にノロウィルスによる集団感染も発生しています。

このような今の時期、こまめに正しい手洗い・正しいうがいをし、全校のみんなが真剣に予防に努めましょう。今日は、正しい手洗い・うがいについて記事にしてみました。 

 

<正しい「手洗い」の仕方>

まず、流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、しっかり泡立てます。その後、

1 手のひらをあわせて、5秒間洗う

2 手の甲を伸ばすように、5秒間洗う

3 指先やつめの間も、うずを描くように5秒間洗う

4 指の間も十分に、5秒間洗う

5 親指を手のひらで、ねじるように5秒間洗う

6 手首も忘れずに、5秒間洗う

の手順で手を洗い、しっかり泡を洗い落とす。

 

 <正しい「うがい」の仕方>

うがいがしやすい量(約60mL)の水や緑茶(殺菌作用があるといわれています)、または希釈したうがい薬をコップに用意します。これを使って3回にわけてうがいをします。

・1回目は口の中の食べかすなどを取る目的で、口に含んで強くうがいします。(いわゆる“クチュクチュペッ”)

・2回目は上を向いて、のどの奥まで届くように15秒程度うがいします。(いわゆる“ガラガラペッ”)

・3回目はもう一度“ガラガラペッ”をします。

 

PS:校長室の掃除の子にモデルになってもらい、「正しい手洗い(指の間や指先まできれいに洗う)」と「正しいうがい(クチュクチュうがいとガラガラうがい)」をしてもらいました。その時、手洗いをしてくれた子が、「いつもよりいっぱい泡がついてるから、手がべたべた!だ~!!」といっていました。

  ということは、やはり、たっぷり石鹸を付け、正しい洗い方で手を洗うと、「洗い落とすのに時間がかかる」⇒「それだけ丁寧に洗える」⇒「それだけばいきんがよく落ちる」ということになるんだと感じました。ぜひ、丁寧な手洗いを!!!

 

 

2014年1月20日

いろいろな話題から・・・

06Y0X2CADIQI0WCAD0T7SECAQR1DSDCAVD2TWQCAB7FN29CA0Q4MXICA9YFBT8CAR480APCAAY89FUCA8EUTGXCATS4DGXCA0P39RTCA3YB5WVCAS4CR1TCAVOZ6MFCASF20Y4CA15N26RCA32ADGJ.jpg

①明後日、大勢の皆さんにご指導をいたきながら、1年生が「むかしの遊びを学ぶ会」を、5年生が「日本の伝統音楽を学ぶ会」を行います。それに先立って、今朝は月曜朝会で「昔から伝わるお正月の遊び」や「日本の年中行事」について、映像を使いながらお話をしました。すると、思いのほか、大勢の子が昔の遊びや昔から大切にされてきた年中行事のことを知っていて感心しました。

最後に「日本に昔から伝わる文化を大切にし、それを受け継ぎ、自分の子供たちにも伝えられる人になりましょう。」と話をしました。

②パソコン教室を覗くと、先日リニュアルされたPCを使って、早速1年生の子たちが授業をしていました。とても興味深そうに先生のお話を聞いていましたし、「へえー、1年生でも『左ダブルクリック』と先生が言えば、何をすればいいのか分かるんだー!」と感心しちゃうくらい頑張っていました。やはり、今の子は、メカに強いんですね。

③だんだん、どの学年・どのクラスも「なわとび集会」に向けた準備や練習に熱が入ってきました。「『どうすれば、たくさん跳べるか?』その方法をクラスでしっかり研究」し、「どれだけ繰り返し練習(短時間集中型の練習を何度でも)」し、「どれだけみんな、燃えるか?」が大切だと思います。結果は自ずとついてきます。是非是非、どのクラスも本番までの努力の過程を大切にしてください。

④1年生が体育の授業で「丸太渡り」のゲームをしていました。紅白それぞれのチームから1人ずつ、丸太の両端からスタートし、真ん中に向かって歩き、2人が出会ったところでジャンケンをする。勝ったチームの人が反対の端まで渡り切れば、1ポイント。負けたチームも相手に渡り切られる前に次の人を送り込み、丸太の上でジャンケンし勝ってしまえば、一気に逆転も可・・・というものです。とてもスリリングで、みんな大声援・大興奮しながら運動していました。楽しみながら、丸太の上でバランスよく歩く=平衡感覚を、養うのにとてもよい運動遊びだなと思って見ていました。ただし、急ぐあまりに、落ちてけがをしないように「よ~く気を付けてくださいよ!」とも思ってみていました。

2014年1月17日

登下校の振り返り&次年度に向けて(朝の通学団会)

P1070762.JPG

 昨年度も「ニュースきたの」に掲載しましたが、今日は「朝の通学団会」についての話題です。多くの学校では、「通学団会」は、年度初めと各学期終わりの年間4回程度だと思います。しかし、本校ではその約2倍の8回程度(年によって前後する)実施しています。このことはとてもよき伝統だと思っています。

 「集合時間は守れているか?」「最近の登下校の様子はどうなのか?」「あいさつはしっかりできているか?」…、こまめに点検、確認し合い、振り返ることで、折々に改善が図られていると思います。

 その成果が大きいと思うのが、2学期から寒くなった3学期の今でも、全校の登校完了時間が、ほぼ毎日、7:50~7:55の間であることです。これは素晴しいことです。

しかし一方で、旗当番のお母さんや交通指導員の方、三菱のボランティアの方、総代さん等、辻々に立っていてくださる方々へのあいさつ、「あいさつリレー」の声の大きさや数は、まだまだ不十分だと思います。これまた、現状を報告し合い、振り返り、改善しようと確認がし合える、「朝の通学団会」が折々にあるということが大切なのだと思っています。

さて、3学期に入りました。今の6年生がいなくなった来年度の新通学団の編成について考える時期となってきました。今日は、次年度新1年生が加わると、「今の班が何人になるのか?」「学年の偏りとかはどう変化するのか?」などの把握をし合った通学団もあるようです。今後、その実態を地区委員さんにお知らせをし、新年度の編成について共に考えていただきながら、よりよい班決めをしていきたいと思います。よろしくお願いします。

2014年1月16日

楽しいな!「表現運動」(体育科指導員訪問)!!

P1070730.JPG

 今日は、市の体育科指導員の先生に参観していただき、3年2組の子たちが、「表現」の研究授業を行いました。今日表現するテーマは、「宇宙」。ストーリーは・・・、

ロケットに乗って出発⇒猛スピードで宇宙空間へ向かう⇒ある星に無事着陸し、ロケットを降り、無重力状態を歩く⇒宇宙服が脱げる・隕石が降ってくる・ブラックホールに吸い込まれるなど危険な目にいっぱい遭う⇒しかし、無事地球に戻ることができる

という感じのものでした。

 ペアを組み、前の子の動きと同じ動きを後ろの子がしたり、交代したり、先生の指示で次のストーリーに合う動きを考えたりしながら、イメージを膨らめ、楽しく表現することができました。

 低・中学年の時に、表現することの楽しさをいっぱい体験し、どんな動き方がそのイメージに合うのか?など、表現の仕方も覚えていくと、高学年・中学校になっても、踊ることが大好きな子に育っていってくれるなと思いました。

 

昨日、1年生にきらきらさんからプレゼント

sss-056.jpg 昨年、本校の読み聞かせボランティアの「きらきら」さんたちが、絵本をプロジェクターで拡大して、伴奏をつけた読み聞かせをしたところ、たいへん好評でした。そこで、まだ聞いていない1年生にその絵本の読み聞かせをプレゼントしました。子供たちは、絵本の世界に引き込まれ、今回も大成功。

 羽根小学校の読み聞かせボランティアの方たちも参観のいらっしゃいました。

 3冊の絵本それぞれのすべてのページに曲が付いていて、本当にすばらしいことだと思います。子供たちの情操教育にとても役立っています。「きらきら」のみなさん、いつもありがとうございます。北野小学校の保護者のみなさま、ご都合の付く方、この際ぜひ「きらきら」に入りませんか?子供たちのきらきら輝く目に出会えます。興味のある方は、北野小学校の教頭までお電話を!

2014年1月15日

初実施!登校時間帯の「避難訓練」!!

IMG_7470.JPG

 授業中、教室からの避難経路を確認しながらクラスごとに避難する訓練。放課や掃除の時間にみんなバラバラな場所にいて、そこから避難する訓練。それぞれに意味があります。「基本的な動きを知る」「整然と行う」「とっさの動きを訓練する」「自分の判断で行動する」・・・。北野小では、こうした訓練をこれまでしてきた結果、「大きい子が小さな子を連れながら避難する」「廊下にいても近くの教室に入り机の下にもぐる」「外にいる時は、誰も何も言わなくても、全員運動場の真ん中に自然に集まり、しゃがむ」・・・、「自分の命は自分で守る」という行動がビックリするほど主体的に行えるようになってきました。

 そこで、今回の避難訓練は、未だかつて実施したことのない「登校時間帯の避難訓練」を、実施してみることとしました。7:50~7:55の間の時間帯で、「既に教室にいて、用具を机に入れている子」「それも終えて、運動場で遊んでいる子」「下駄箱付近にいる子」「あいさつリレーを終え、校舎に入ろうとしている子」、そして、「まだ、旧鳥小屋の前あたりを登校中の子」・・・、いろいろな条件の子がいる中、訓練を行いました。

 今回の訓練のねらいの一つは、朝、学校が始まるか始まらないかの「まさか?」の時間帯。しかも、学校にまだ到着していない子もいる状態。そんな時であろうと、「いつ地震は来るか分かりません」ということを、全校児童に自覚してもらおうことにありました。

 そして、もう一つは、①「登下校時、学校に近い場合は学校に集まる。」②「家に近い場合は、家のそばの安全なところで家族が来るのを待つ」③「学校と家の中間くらいにいる時は、通学班ごとに広い場所を見つけて、大人が来るのを待つ。その後は、家族とのおち合い場所まで移動し、待機する。」「だから、家に帰って、家にも学校にもいられない時のおち合い場所を家族と必ず決めておこう!」ということを、全校児童に自覚してもらう目的で実施しました。

 初めての試みで、課題もあったかもしれません。反省を今後に生かし、全校児童の自覚をより高め、「まさか」とか「想定外」の確率を少しでも減らすように努めていきたいと思います。

2014年1月14日

ハッと目を引く掲示・心温かい掲示・有意義な掲示・・・

P1070720.JPG

①「めんどうだから、しよう!」と「正しい心で正しく生きる」は、3学期始業式で全校のみんなにお話をしたことです。その時の掲示を教頭先生がコピーをし、1F・2Fの昇降口に貼ってくれました。

「めんどうだから、しよう!」何だか変な日本語ですね。でも、この意味は「面倒なことこそ、頑張って実行すると、きっと自分の心が成長する。だから、『』めんどうだから、しよう!』なんだよ!!」ということを子供たちに伝えました。

②1年3組の掲示:「じぶんマーク」のコーナー、「やさしさいっぱい」=友達の優しさを見つけた記録のコーナーがあり、とても心が温かくなる掲示だと思いました。

③2年2組の掲示:「年がじょうパズル」は、奈都美先生が2年2組のみんなに出した年賀状。全~部つなげると、このように楽しい1枚の大きな絵になったんですね。素晴らしい~アイディアですね。

④3年1組の掲示?:掲示?ではないかもしれませんが、インフルエンザが流行る季節になってきました。「教室に入る時は、消毒をしよう!」、教室入口のよく目立つ所にある、とても大切なお知らせですね。

⑤3年2組の掲示:写真&イラストコーナーに「我が家の猫ちゃんの写真」や自分の好きなイラストを自由に貼ってもよいことになっているようです。貼る人もそれを見る人もとても楽しみですね。

⑥5年1組の掲示:「そうじ計画書」、これはとてもいいですね。「そうじの手順」だけでなく、「もし、終わったらやること」の欄が設けられているところが素晴らしいですね。とても、現実的な計画書だと思います。

⑦5年2組の掲示:「図工の作品」のコーナー、これも有意義だと思いました。自分の作品をイメージする時、実際に過去の5年生の子たちの作品がこのように掲示してあると、とても役に立つと思います。

⑧6年3組の掲示:「6年3組の足跡」が、背面掲示の高いところに4月から順に貼られています。年が改まり新たに残していく1月からの足跡が、いつでも書き込めるように、背面黒板の横に真っ新の状態で準備されているところもタイムリーだなと思いました。

⑨図書室の掲示:「おすすめの本」のコーナーです。ブックカバーの挿絵や横帯を見ると、「あっ、この本読んでみたいな!」という気持ちがそそられますよね。

 まだまだ、いろいろなクラスでいろいろな掲示の工夫がされていました。お互いのクラスの素敵な掲示を共有し合い、もっともっと、華やかで温かい北野小の風景が見られるといいなと思います。

2014年1月10日

①寒さに負けず、頑張ってます!②新パソコン、先生たちが勉強中!!

P1070696.JPG

①今日は一段と寒く、朝方は頬を刺す空気が痛いほどでした。また、昼近くになると今度は、運動場の凍ったり、霜柱が立ったりしたところが融けだし、ジュルジュルになるほどでした。

 そんな寒さの中、1年生の子たちも先生も体操シャツ1枚・短パン姿で、元気に体育の授業に取り組むところを見て、とても感心しました。偉いぞ!ガンバっとるじゃんと思いました。

 2月にはなわとび集会が控えています。他の学年でも、放課に先生も一緒になって大縄跳びの練習をしているクラスもありました。

1つの目標に向かって、寒さに負けずクラスが一丸となって頑張る日々がしばらく続きそうです。そんな姿を見る時、私はとてもうれしく、学校というところはとてもいいところだなーと実感します。さあ、どのクラスも、寒さに負けず心を合わせ、頑張りましょう!

今後、もっともっと、みんなが「へえー」と感心してしまうようなパソコンの機能を使って、ワクワクドキドキするようなICTの授業が行われることを期待しています。 

②2学期の最後にパソコン室のパソコンがすべて新しく変わりました。今日は、その新しいパソコンの操作、新しく便利になった機能、新しい知識をコンピューター会社の方に来てもらって、先生たちが勉強をしました。

 今後、もっともっと、みんなが「へえー」と感心してしまうようなパソコンの機能を使って、ワクワクドキドキするようなICTの授業が行われることを期待しています。 

2014年1月 9日

給食はおいしく、楽しい時間で~す!

P1070687.JPG

 3学期がスタートし、3日目。昨日から給食も開始しました。3学期にもなると、1年生の子たちも、スイスイ、何でも準備ができちゃいます。自分たちのやることを進んで行っている姿は、とても立派だな!と感心させられます。2年生の教室では、ちょうど係の子が、「いただきます!」をするところでした。どの子もちゃんと号令に合わせて、お行儀よく手を合わせていました。偉いぞ!廊下では3年生の給食当番の子たちが、きれいに並んで教室へ食器や食材を運んでいるところでした。食器を持ちながらも、「ピース」をしている姿が可愛らしいですね。

 さて、今日の献立は、「牛乳」「ご飯」「チャプチェ」「春巻き」「バンバンジー」でした。韓国料理なのか中華料理なのかどっちかよく分かりませんが、とても美味しくいただきました。最近の給食は、本当にいろいろなお料理が出てくるので、食事の時間もとても楽しいと思います。2月には、給食試食会も予定されています。ぜひ、保護者の皆様も久々に、美味しい給食をいかがですか?

2014年1月 8日

①1年生の机・椅子新調される ②雨降りの過ごし方

P1070682.JPG

①3学期から、1年生の教室の全員分の机・椅子が新調されました。新しくなった机・椅子は身長に合わせて高くできる調節機能付きです。今後、毎年順次、1学年分ずつ変更になっていく予定だそうです。

②今日は1日中、冷たい雨が降り続いています。朝礼台に赤旗が出ていて、運動場も使えません。そこで、「雨の日は、何をやって過ごしているのかな?」と思い、お昼の放課に校舎内を回ってみました。まずは図書室。思った通り大盛況。でも、とても静かに上手に読書や本の返却ができていましたよ。次に各教室を回ってみると、腕相撲でもしていたのでしょうか?男子が1つの机のまわりに集まって、何やら楽しそうにしていました。また、自由帳に好きな絵を描いて楽しんでいる女子もいました。さらには、クラス全員で冬休みに借りていた図書室の本を、上手に並んで返しに行くクラスもありました。雨の日でも、みんな工夫して過ごしていて感心しました。

 ちなみに、高学年ではクラスに置いてあるトランプを使って男女分け隔てなく、なかよく楽しんでいる様子も見られました。一度、雨の日の過ごし方について全校で考える機会を設けて、より有意義な時間とすることができるよう、話し合いが持てるといいなと感じました。

2014年1月 7日

おしらせ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

P1070660.JPG

皆様、明けましておめでとうございます。今年は午年。大地を駆け巡る馬のように、北野っ子も、教職員も、ハツラツと元気な一年とすることができるよう頑張っていきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

①一番上の写真は、職員が来賓玄関をお正月らしく飾った様子です。今日は、一年の無病息災を願って「七草粥」を食べる日です。また、もともとは1月15日までのことを言った「松の内」も、現在では短く解釈し、1月7日までとすることが多くなったと言われています。3学期も始まりました。学校でもいつまでもお正月気分ではなく、お勉強モードに切り替えるためにも、今日までを「松の内」と考えていきたいと思います。

②今日校庭を回っていて、学校の運動場のすみ(東門そば)にある、昔の郵便ポスト(2番目の写真)に改めて目が留まりました。そして、何でここにこのポストがあるんだろう?とふと思いました。どなたか、本校のこの場所に置かれることになった経緯をご存知の方は見えませんか?

さて、このポスト! 実は名前がちゃんとあったんです。「郵便差出箱1号」と言い、昭和24年(1944年)から、鉄製ポストとして実用化され設置されたそうです。そして、1970年代までは、この可愛いベレー帽型のポストは多く使われていましたが、今ではほとんど箱型のものに交換されています。しかし、一部地域では、今も現役として残っています。

今日は、始業式の日でしたが、早速、「校内書初め会」を行いました。冬休みに頑張って練習した成果を発揮しようと、みんな心を込めて書いている様子は、とても新年に相応しく感じました。今後、校内書初め展、市の書初め展等も行われます。ぜひ、お子さんの力作を見にお出掛けください。

 それでは、今年もどうぞ「ニュースきたの」をご愛読ください。よろしくお願いします。