« 学校の風景から(そこはかとなく、師走⇒正月) | メイン | もうすぐ冬休み!楽しむ&頑張る!! »

2学期を振り返れる掲示物から

IMG_8781.JPGIMG_8784.JPGIMG_8785.JPGIMG_8786.JPGIMG_8787.JPG
 気が付けば2学期も残り1週間となり、2019年=令和元年もあと半月となりました。
 「2学期最後の時期だからこそ実施しよう!」と、生徒会役員さんが立案してくれた「Let's say thank you week.=クラスの友達1人1人に向けたありがとうの気持ちを、全員が全員に対しメッセージを送る!」という活動が21日まで展開されます。
 この活動は、期間中に、クラス30数人全員に向けたメッセージを全員が贈り合う(1枚目の写真のように、小さいシールに書いたメッセージを全員の台紙に貼っていく)ものです。
 ちょっと大変な作業だと思いますが、それが完成し、自分の手元に戻ってきた時、みんな温かい気持ちになれる活動なのではないでしょうか?ぜひ、いっぱい友達の良い所(本人が気付いていないこともあるかもしれないですね!)を書いてあげてください。
 2年生の後ろの掲示板には、みんなが予想した今年の漢字が掲示されていました。何と今年の漢字に決まった「令」の字のぴたり賞の人の多いこと。
私は、「令」だけではどんな意味なのか分からないなーと思っていました。だから、令和元年だし、大坂なおみさんや渋野日向子さん、侍ジャパンが世界の大会で1位になったし、ラグビーW杯でチームジャパンが初のベストエイトになったので、元や初と同じような意味の「一(いち)」かな?と予想をしていたのですが、全然予想が外れてしまいました。
 3年生の掲示板は、先日の長距離走大会でみんなが頑張り、心を込めて応援し、仲良く笑顔でポーズしている写真が貼られていました。いい写真だなーと思いました!
 ぜひ、残り1週間の学校生活で、この2学期、今年のこれまで、あるいは今までの中学校生活などを振り返り、成果と課題について考え、来るべき令和2年に向けた新たな目標づくりの「基」なるものを見付けてほしいと思います。