2019年12月 6日

たて割り給食・バズ!&キラキラ大作戦!!

IMG_8738.JPGIMG_8739.JPGIMG_8744.JPGIMG_8742.JPGIMG_8741.JPGIMG_8745.JPGIMG_8747.JPGIMG_8748.JPG
 縦割り給食会も今日で最終日のパート4。まだまだお互いに硬さがあります(そりゃーそうですよね。1年生は、3年生を前にすれば緊張しますよね。)が、ムードメーカとなる3年生が、みんなを笑顔にしてくれている場面も見られてきました。
 このように少し調子が出てきたところで、今回は終わってしまうので、これからも定期的にちょいちょい行うことがいいかもしれませんね。
 キラキラ大作戦のピンクのハートマーク。写真のように、もうびっしり貼られています。今日各クラスの台紙を学代さんが持ちより、モニュメントが完成され、月曜日に披露されるそうです。楽しみですね~。
 さて、縦割り給食会後は、4つめの写真のように、「居心地の良い学校にしていくためには、どんなことが必要?」というお題でバズセッションが行われました。
 「何となくこういうことだよな!」と、みんなが思っていることでも、ちゃんと口に出してお互いに意見を言い、それを聞き合うことで、共通認識ができるんだと思います。1~3年生までみ~んな、思いはほぼ同じだと思います。だからこそ、みんなで確認し合い、それを目標にし合うことが大事だと思うのです。
 ※こうした縦割りの活動が実施でき、お互いが気を配り合い、意味のある時間を共有し合うということ自体が、居心地の良い学校にしていくためには、とても大切なことだと思いますよ。みんなの協力に感謝です。ありがとうございます!

2019年12月 5日

3年生保育実習 - 楽しみながら勉強しています

01.jpg02.jpg03.jpg05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg09.jpg
 3年生の技術・家庭科の家庭科分野では,「家族関係と保育」について学習します。中学生が幼児と関わることで,異世代である幼児への理解と関心を高め,同時に,思いやりと温かな心を育みます。そして,人間の成長,発達を学びながら,家庭や社会の役割について考えます。つまり,中学校における家庭科学習のまとめとなる内容です。
 北中では,毎年地域の保育園と幼稚園の協力をいただき,保育実習を行い,幼児とのふれ合い体験の場を設けています。今年も,今週から来週にかけて,3年生の全てクラスが保育実習に出かけます。
 今日も,午後から実習に行き,幼児とふれ合いながら楽しく学習ができました。たくさんの園児の笑顔に囲まれ,北中生もとびきりの笑顔で活動しました。約1時間あまりの活動ですが,生徒にとって貴重な時間になりました。この活動を通して,自分の成長を振り返り,さらには家族と自分との関わりや,家族のあり方について考える機会にしてほしいと思います。

2019年12月 4日

北中生徒会,頑張っています

01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg05.jpg06.jpg07.jpg08.jpg
 校内では,今週から生徒会が企画した北中生のための活動が,たくさん行われています。また,昨日は大門学区の「交通安全しめ縄広報活動」に参加しました。生徒会が活発に活動しています。
 道行くドライバーさんに,しめ縄を渡して交通安全を呼び掛けました。大門は愛知県下でも有数のしめ縄の産地であり,伝統的産業となっています。毎年,交通事故が心配される年末です。こうした活動が少しでも事故の軽減につながってほしいです。
 給食の時間には,「縦割り給食会」がありました。北中では,生徒会レクやスポーツフェスタで学年の垣根をなくして縦割りの活動をしています。その一つとして,学年を越えた交流を図りたいという生徒会の提案で,1つの教室に3学年が集まって会食をしました。今日は,「タイムマシンに乗ったら,過去に行きたいか,未来に行きたいか」を話題にして,楽しい一時を過ごすことができました。

2019年12月 3日

北中生による、北中生のための諸活動!

IMG_8730.JPGIMG_8729.JPGIMG_8731.JPGIMG_8732.JPGIMG_8733.JPGIMG_8734.JPGIMG_8735.JPG
 生徒会企画が様々動き出しています。その一つの「キラキラ大作戦」(写真1枚目)は、「クラスの仲間の良い所を発見し、キラキラカードに書いて台紙に貼る(写真2・3枚目)⇒金曜日に全クラス分を回収し、全校で1つのモニュメントを完成させる」という企画だそうです。
 早速、ハートマークのカードに書かれている内容を見てみると、「〇〇をしている時、△△君が、一緒に手伝ってくれた」とか、「〇〇さんの明るさそのものが、みんなを笑顔にしてくれていい!」など、クラスの友達の良さをよく見て認めてあげていて、「みんな、温かい気持ちになるな!」と感じました。
 来る10日(火)に行われる長距離走大会に向け、3年生の下駄箱のところには、昨年度の2年生の時の記録が貼ってあり、みんな興味深そうに見ると同時に、「今年こそは!」と決意を新たにしている様子が伝わってきました。
 また、「今年の漢字」の応募箱に自分の投票用紙を入れている子も何人かいて、どんな言葉に決まりそうか、みんなも楽しみそうな様子でした。
 以前話題にした3年生の総合学習で取り組んだ、「クリティカルリーディング」の考察結果が、早いクラスは廊下に掲示され始めています。とても興味深い内容が書かれていて、みんなが深く考えた様子が伺えます。
 2年生の階の2Aの教室には、1月末に行われるスキー学習でレンタルするスキー靴やウェアーの試着(サイズ合わせ)用の物が用意されていて、着々と準備が進められているなと感じました。
 このように、北中生が活躍するために、「北中生による、北中生のための諸活動!」が様々展開されていて、「何だか活気があっていいな!」と感じる今日この頃です。

2019年12月 2日

師走!2学期のまとめの時を迎えて・・・

IMG_3994.JPGIMG_0642.JPGIMG_0645.JPGIMG_0650.JPGIMG_8728.JPGIMG_4018.JPG
 早いもので1年の納めの月、師走、12月を迎えました。今日は2学期最後の月曜集会でした。はじめに、生徒会役員の公約=生徒会企画について、「2学期中にこんなことをこんなふうに実施します!」と生徒会長さんから、全校のみんなにお知らせがありました。
 その後、私の朝会の話では、過日、矢野きよ実さんがお話しくださった「はなちゃんのみそ汁」の絵本の読み聞かせを行いました。幼い時、お母さんを亡くしたはなちゃんが、毎日頑張ってみそ汁を作り続ける実話に、読んでいても思わず、熱いものがこみあげてきてしまいました。
 そして、先日もお伝えしたように、今、小中学校でも「がん教育」を行い、正しい知識と命の大切さ、正しい生活習慣などを学んでいく重要性が叫ばれています。そのことも、今回の集会で全校のみんなに伝えました。
 昼からは、岡崎市教育委員会の指導主事さんがみえ、学期末の学校の諸帳簿の点検がありました。こうしたことを通しても、学期のまとめの時期が来てるなと感じました。
 さらに3:30からは、学区の総代さんや民生委員さん、PTAの役員さん、小学校の校長先生方にお越しをいただき、北中教育ネットワークを開催しました。そこの場で、北中学校の2学期の成果と課題について報告をさせていただき、皆さんにご意見をいただきました。
 いただいた意見の中には、最近続けて小中学生の間に起きていて、世間を騒がせているSNSつながりの事件などについての心配の声がありました。このことにつきましても、学校も十分注意をするよう繰り返し呼び掛けてまいります。
 ということで、今学期の登校日も残り15日となりました。まとめの時期を迎えていることを自覚し、1つ1つのこと、1日1日を大事に過ごしていってください。