カウンター

関連リンク 岡崎市
OKネット
Powered by Movable Type

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月30日

学校坂修理と物見櫓塗り替え

378_1.jpg 378_2.jpg 378_3.jpg
378_4.jpg

ウサギのえさやりと学校当番で学校に来ると学校坂の補修工事がきれいに完了していました。今まで懸案になっていたもので、児童や地域の人の安全な通行ができるようになりました。業者さんありがとうございました。また、平成12年度、16年度にふれあいの森に建てた物見櫓の塗装塗り替えにその当時担任だったS先生と卒業生児童が来て作業をやってくれました。毎年この時期に集まって自分たちが卒業記念として制作したものを大切にしていてくれます。思いをこめて創ったものを大切に残していきたいという気持ちがあいがたいなあと感じました。また今まで手作りで制作してきたいろいろなものをこれからも大切にしていきいと改めて思いました。

2011年12月26日

雪化粧の形埜小と学校坂融雪剤撒き

377_1.jpg 377_2.jpg 377_3.jpg
377_4.jpg

昨日からの雪で、形埜小学校もすっかり雪化粧となりました。学校坂のサザンカにも雪が積もってお日様の日に当たりとてもきれいでえした。早速校務員さんと職員が、学校坂の雪を溶かすために最新式の融雪剤撒きにチャレンジしてくれました。ありがとうございました。

2011年12月22日

2学期終業式

376_1.jpg 376_2.jpg 376_3.jpg

 今日は、2学期の終わりのまとめの式・終業式でした。式では子どもたちのこんながんばりを話しました。
 今、1年生の子と4年生の子が学年の代表として、とても立派に、自分たちがこの2学期に勉強したり生活してがんばったこと、学んだこと成長したことを話してくれました。素晴らしい発表でした。中身もよいし、発表する態度が堂々としていて、こんなことを思いながら、がんばってきたんだなあと改めて感心しました。
 このことはどの学年のどの子にもがんばってきたと言えることがあると思います。
 先生が見つけたみんなの良かったことを3つの例で話します。
 1番目は、欠席0でがんばっている子がたくさんいることです。通知表の記録で見ると全部で29人います。中でも6年生は10人と多くの子が無欠席でした。体調が悪いときはもちろん仕方ないですが、休まずに元気よく学校にくることも大切なことです。笑顔で元気な子たちがたくさんいることは形埜小の良いところです。
 2番目は、いろいろな行事や活動でがんばる「仲間」の姿が見られたことです。
 フットベースボールの東海額田ブロック大会優勝から市・西三と快進撃をしたこと。市陸上大会での高学年の子のがんばったこと。学芸会で最高の演技をして見に来ていただいた多くの皆さんに感動を与えたこと。形小ロードレースで、がんばりぬく姿を見せてくれたこと。などいろいろながんばりを見ることができました。
 そんな中で、先生がうれしいなあと思ったことは「育ち合う仲間」という姿がそこに見られたことです。一人が努力してがんばり抜く姿はもちろん素晴らしいものです。市の陸上大会6年女子100m走でA子さんが見事に優勝という素晴らしい快挙を成し遂げました。その発表があったときに周りにいた子が自分のことのように抱き合って喜び合っていたことです。友だちの喜びをみんなで分かち合って喜び合うというのはまさに「育ち合う仲間」の姿だと思います。
 学芸会での学級の仲間で協力し合って創り上げた劇もそうだと思います。一人ではできません。仲間のみんなが心を合わせて協力してこそできたものです。どの学年の子も素晴らしい劇を創り上げました。
 3番目は、形小ロードレースでの6年生のがんばりです。かけ足の苦手な子もいます。坂道で苦しくきついところもあります。それでもがんばってロードレースのコースをいつも先頭に立ってひっぱてくれた6年生の子の姿は素晴らしいと思いました。優勝したB君のがんばりも素晴らしいものでしたが、それまでの練習で先頭を切って走っていたC君のがんばりも素晴らしい物でした。もちろんこの二人だけでなく、坂道という苦労に挑戦しようとして必死にかけてくるみんなの姿はどの子も輝いていました。苦しいときにがんばりぬく、仲間と競い合って自分も友だちも成長していく。ここにも形埜っ子の良さや底力を感じました。3学期も、こんなみんなの素晴らしいがんばりをたくさん見つけていきたいと思います。
 最後に、この漢字の話をします。この字です。何と読みますか。「絆」(きずな)と読みます。「2011年 今年の漢字」として選ばれた漢字です。この写真のように、6年生の子が修学旅行で行った清水寺の大舞台の上で、森清範貫主(一番位の高いお坊さん)が揮毫(きごう)したものです。絆とは「人と人との心のつながり」を表しています。形埜小学校のみんなが2学期がんばってきたように「学び合い育ち合う仲間」ということと重なります。友だちや先生、家族、そして地域の人々、東日本大震災で復興にがんばっている人たち、そして世界中でがんばって生きている人たちと心がつながって絆を深くしていけたら素晴らしいと思います。
 明日からは、冬休みです。くらしの集会で話し合ったように、自分のめあてをもって、よりよい生活が送れるようにしていってください。3学期、1月10日には、全員の子が元気な笑顔と新しい年への希望をもって学校に来てください。これで先生の話を終わります。
 子どもたちの新しい希望の年が訪れますように!

2011年12月21日

大そうじ

375_1.jpg 375_2.jpg 375_3.jpg

終業式を前に、2学期末の大そうじをしました。
ガラスふきやワックスがけ、FBCの花壇用のパンジーなどの移設も行いました。学校がきれいになりました。

2011年12月19日

冬到来、巴山から富士山南アルプス眺望

374_1.jpg 374_2.jpg 374_3.jpg

冬到来という感じの厳しい寒さです。校庭では1年生の子が、図工で作った凧を元気に揚げています。土曜日に形埜の前を流れる乙川をさかのぼって水源の巴山に行きました。白髭神社からは、富士山が望めました。また南アルプスの山並みもくっきり見ることができました。平成23年を越えてきたる平成24年にはきっといいことがあると思いました。

自分は自分の主人公

373_1.jpg 373_2.jpg

月曜朝会で、東井義雄さんの「自分は自分の主人公」の詩を紹介しました。
自分は 自分の 主人公
世界でただ一人の自分を
光いっぱいの自分にしていく 責任者
少々つらいことがあったからといって
ヤケなんか おこすまい
ヤケをおこして
自分で自分をダメにするなんて
こんなにバカげたことってないからな
つらくたってがんばろう
つらさをのりこえる
強い自分を 創っていこう
自分は 自分を創る責任者なんだからな(途中略あり)
「人にはやさしく自分には厳しく」自分の道を仲間と共に進んでいこうという願いをこめて話しをしました。
この日は、冬休みのくらしの集会も実施されました。

2011年12月15日

育苗ハウスと形埜の朝と郷土資料館民具移転

372_1.jpg 372_2.jpg 372_3.jpg
372_4.jpg

今朝も冷え込みが強く、霜がしっかり降りました。FBC花壇用の花苗を冬越しさせる育苗用ハウスが6年生の子たちのがんばりでできました。
形埜郷土資料館(旧体育館)の中にあった民具などの郷土資料が旧大雨河小学校に移転されました。(12月5日から12月10日)
次年度をめどに解体処理がなされるようです。

2011年12月13日

ササユリの播種活動

371_1.jpg 371_2.jpg 371_3.jpg

かたのササユリの里育成の皆さんにご指導いただきながら、ササユリの種まきをしました。腐葉土とバーミキュライトの土を混ぜて苗床のプランターにササユリの種を蒔いていきました。風に舞い飛ぶササユリの種の仕組みに感心しながら蒔きました。この種から芽が出るのが二年後、そして花が咲くまでは七年ほどかかります。
根気のいるササユリを育てる作業ですが、次の学年へと引き継いでいきたいと思います。
来年度は、育ってきたササユリの苗を形埜の里に移植していこうという計画です。

地域の先生を招いて感謝祭

370_1.jpg 370_2.jpg 370_3.jpg 370_4.jpg

地域の先生としておじいちゃんやおばあちゃん、野菜の先生としてご指導いただいた伊与田さん、酪農体験をさせていただいた片岡さん、イノシシ汁を教えていただいた日浅さんなどをお招きして、感謝祭を2年生の子たちが行いました。自分たちが作った野菜の手作りカルタや九九カルタをやったあと、育ててきた大根や白菜、ニンジンを収穫して、自分たちでシシ汁や菜飯などを作っていただきました。イノシシ肉は日淺さん持参のすばらしい肉で、中には五杯も六杯もおかわりをして食べた子もいます。おいしくいただいた素敵な感謝祭でした。

2011年12月12日

スリランカ ガーミニーさんとの交流

369_1.jpg 369_2.jpg 369_3.jpg

スリランカ人のガーミニーさんが来校され、3年生と交流しました。平成9年に形埜小の6年生児童が募金したお金を寄付してスリランカの小学校の図書館に本を寄贈するという活動以来のつながりです。こんちには等のあいさつの「アーユーボーン」という言葉を教えてくださいました。長生きしてくださいねと言う意味だそうです。スリランカのおいしい紅茶もいただきました。

2011年12月 9日

形小ロードレース

368_1.jpg 368_2.jpg 368_3.jpg

12月9日(金)は、形小ロードレースでした。始める前には雪もちらほらという寒さの中で始まりました。開会式からみんなのやる気を感じました。6年生を先頭に高学年の子たちが時間前からもう並んで待っていました。走る頃には、お日様も出て温かくなり絶好のマラソン日和でした。
2年生からスタートしましたが、さすがに低学年の子は元気がいい。準備体操の号令からして大声でやるぞ!という気持ちが感じられます。1年、3年、4年、5年、6年の順番にスタートして走っていきました。今回のコースは最初に上り坂があり、また最後に上り坂になっています。最初のスタートでどれだけ前に出て行けるか、そして最後の坂道でどこまでがんばり抜けるか、ここが勝負所です。自分のライバル(好敵手)と最後の最後まで競い合って自分の力を出し切っている姿はすばらしいと思いました。形埜っ子の底力を感じました。待っているみんなも声援してくれます。保育園の子も手作りの旗をもって応援にかけつけてくれました。お家の方もたくさんの方が応援して下さいました。「ラストがんばれ!」「もうすこしだ、がんばれ」という熱い声援を受け、本当に子どもたちは力を出し切って走り抜いてくれました。今までの自己ベストをほとんどの子が更新するというすばらしい記録でした。

2011年12月 6日

紅葉かけ足と授業公開

367_1.jpg 367_2.jpg 367_3.jpg

形埜小ロードレースに向けてのかけ足が続いています。学校坂のモミジの紅葉がきれいです。
愛知学芸大学の三浦浩子先生に来ていただいて、授業公開と指導をいただきました。2年生が人権についての標語を考える授業、3年生が国語で「子ども相談室」という話し方の授業に取り組みました。どちらの組も元気よい発言と関わり合う様子が見られました。

2011年12月 3日

形埜保育園生活発表会とかおれ渓谷

366_1.jpg 366_2.jpg 366_3.jpg 366_4.jpg

保育園の生活発表会にいきました。どの子も立派に演技をしていました。一人一人が主人公です。そして友だちとの仲間意識も感じられました。青組さんの劇は「うらしまたろう」でした。とても見ていてかわいらしく真剣にやっていました。雨上がりでしたが、近くのかおれ渓谷の紅葉がまだとてもきれいでした。

2011年12月 2日

掃除の道

365_1.jpg 365_2.jpg 365_3.jpg 365_4.jpg

雨の中、今日も、側溝掃除を委託業者のアルタスの方々がとてもていねいに仕事をしてくださっています。
子どもたちもお昼に縦割り掃除を行っています。もう一度縦割り掃除の意味を話して気持ちを新たに取り組み始めています。
1年生の子に教えながらやる6年生の姿、真剣にトイレ掃除に取り組む子などいい眼差しが光っていました。側溝掃除にしてもなかなか奥が深いです。子どもたちにも掃除道を身につけてほしいものです。

2011年12月 1日

側溝掃除

364_1.jpg 364_2.jpg 364_3.jpg

砂がたまっている側溝を市教委からの委託でアルタスという会社の方がていねいに掃除をしてくださいました。
高圧の洗浄機で砂を飛ばし、水気を含んだ砂をバキュームカーで吸い取っていきます。目詰まりしがちな側溝をきれいしていただいてありがたいことです。