猛暑!熱中症対策について(HP左のカテゴリ「お知らせ」に掲載してあります)夏休みに入っても猛暑が続いています☆よろしくお願いします。

|

 
 夏休みに入っても、とっても暑い日が続いています。夏休み前には、カキ氷の会を行い、子供たちは好きなシロップをかけて幸せそうに氷を食べていました。 夏休みに入って、子供たちはいかがお過ごしでしょうか。 
 熱中症にならず、子供たちも職員もみんなが元気に夏休みを迎えられるよう、次のようなことを確認しました。夏休みに入っても、お子さんの健康状態及び遊び方など、下記の面も含めご配意ください。

1 水分や塩分の補給は確実に、また十分に行う。
2 外で遊ぶときは風通しのよい日陰を選んで遊ぶ。
3 室内で過ごすときも、風通しをよくして、水分の補給を忘れずに行う。
4 水筒の中身はスポーツドリンクでもよいこととする。ただ、市販品のままでは味が濃く、飲みすぎは反対に健康を害する心配があるので2倍程度に薄めてくるとよい。
5 部活動は20分後との休憩をを基本として、体を冷やすため配慮や工夫をする。
6 職員は児童の様子をよく観察して細心の注意を払い、授業の途中でも状況に応じて休憩をいれる。

 ご家庭でも熱中症の予防について子供たちとよく話をしていただき、水筒やタオルを忘れずに持たせてくださるようお願いします。また、栄養や休養が十分でないと、熱中症にかかりやすいといわれます。睡眠をしっかりとること、朝食をきちんと食べることもこの機会に見直していただけるようお願いいたします。