« 70周年記念 航空写真の申し込み | メイン | 祝・西三駅伝男女アベック優勝! »

情報モラルについて考えよう

 

  多くの中学生が携帯やスマホを個人所有(代金は保護者の方ですが)するようになってから、SNSの利用が急激に増えました。その利用方法については、ご家庭でも日々気にかけていただいており、ありがとうございます。携帯やスマホの扱い方についてニュースレターがありましたので、ご家庭でも参考にしてください。

 

スマホについて

  中学生になると、子どもの生活は大きく変化します。スマホもその一つです。スマホを日常的に、コミュニケーションのツールとして使うようになります。そのとき、親はどう対処すればいいのでしょうか。

 

 

1 中学入学で、子どもに生じる「変化」

 

 中学校に上がると、友達関係がガラッと変わります。小学校時代までは、学級中心の交友関係でしたが、中学生では部活中心の交友関係になります。周りが携帯やスマホを持っているので、連絡も携帯やスマホでとるようになります。

 

小学生の頃は所持している子どもは少数でしたので、携帯やスマホで連絡を取る機会はほとんどありません。それが中学生になったとたん、スマホをコミュニケーションツールとして活用し始めます。突然、スマホを日常的に使い始めるようになるのです。子ども専用になってしましますから、親の目が届きにくく、気づいたら、大ごとになっている危険性があります。

 

2 子どもの成長に合わせてルールを見直す

  とはいえ、スマホを全面禁止にするのは現実的ではありません。私たちだって、明日から携帯やスマホもインターネットも禁止だといわれても困りますよね。禁止するのではなく、「どう使わせるか」「どうつき合わせるか」を考えましょう。大切なことは、スマホやネットに「依存」させないこと。依存とは、自分でコントロールできなきなくなることです。

 

おすすめしたいのは、子どもの成長に合わせてルールを見直していく方法です。

 最初は厳しめのルールにします。「はじめは心配だから、厳しめのルールにしておくよ」でいいのです。「みんなやってるのに!」と子どもは反発するかもしれませんが、「よそはよそ、うちはうち」でいいのです。そして、子どもの使用状況を見守り「成長したな。これなら、この機能を使わせても大丈夫」と判断したら、ルールを見直していくのです。

 

 

これが、逆だとうまくいきません。最初ゆるめのルールにしておいて、問題が発生してからルールを厳しくして縛るのだと、子どもは強く反発します。

 

このルールを見直すやり方は、親子の話し合う機会が増えるのもメリットです。親は、「今、どんなアプリ使ってるの?」と聞いて現状を把握できます。子どもも「スマホでこういうことしたい」と言えます。

中学生になると子どもと話し合う機会は減りがちですが、これなら親子のコミュニケーションを確保できます。ネットがらみの事件が起きた時も、ニュースを見ながら親子で会話がしやすくなります。

 

3 親として、大人の価値観を伝えよう

  では、どんなコミュニケーションをすればよいのか。親の価値観を伝えてあげてほしいと思います。子どもの言い分を聞いても、全面的に受け入れる必要はありません。しかし、一方的に拒絶するのでもなく「私はこう思うよ」と伝え、話し合うのです。

ネットとスマホの機能の扱い方は、子どものほうが詳しいのが事実です。でも、だからと言って引き下がる必要はありません。子どもとは違う視点、違う価値観、大人ならではの意見を伝えましょう。子どもが「考え方が古い」と反発しても、それに負けてはいけません。

 

大人も価値観を伝えることが、子どもが自分の行動を見つめなおし、親子で話し合うきっかけになります。子どもと一緒に「なぜだめなのか」「なぜこうすべきなのか」を話し考えましょう。「なぜ」を考えることができれば、応用がききます。同じような場面に遭遇した時に、「なぜ」を考え、正しく判断できるようになります。「楽しいけどやらない」と判断できるようになります。これは、スマホに限りません。すべのことに通用します。

 

ルールを一方的に強制したり、言い分を聞かずに叱ったりするだけでは、子どもは「相談したら、また怒られる」と恐れて言い出せません。逆に放任主義で、子どもに干渉しなさ過ぎても「親に何をいっても無駄だ!」とあきらめて相談してくれません。確かに子どもには子どもの世界があります。でも、だからと言って、親が子どもに遠慮する必要はありません。子どもの世界は尊重しながらも、親として関わってほしいのです。子どもがトラブルや困難に直面したとき、親を頼れるようにしてほしいと思います。

高校に上がると子どもはもっと独り立ちし、子どもとかかわる機会はさらに減ります。だからこそ、今のうちから子どもとかかわる時間、話し合う時間を作っておきましょう。高校に上がっても、大学生になっても、就職しても、なお、親と話しあえる雰囲気を作っておきたいですね。今までそういう時間を作ってきていなかったのなら、これを契機に作りましょう。

 

親子の関係を見つめなおす良い機会だと思います。