平成23年4月26日のひとりごとより  「お空の橋」PTA総会での話から

|

 さて、こんな話があります。前に話したことがあるので覚えてみえる方もいるかもしれませんが、私の尊敬する指導教官から教えていただき大切にしていることなので、ぜひ聞いてください。
 親子が、バスに乗っていた時です。雨上がりの空に虹が出ました。
 その時、子どもは、何のためらいもなく「お母さん、お空に橋がかかっている。」と言いました。すると、このお母さんは、「やあね、〇〇ちゃん。あれは虹っていうんですよ。もっと勉強しなくちゃね。」と言ったそうです。「えー、・・・・・」
 こんな時、皆さんだったら、何と言いますか。お空の橋と言った子どもの想像性、夢をどう受け止めますか。家庭でも、子どもの夢について話してやってほしいと思います。

カウンター

本日昨日
累計
最終更新日:2019/08/09 14:18

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • jpg
Powered by Movable Type 4.13
県道徳教育推進総合サイト

このブログ記事について

このページは、井田小学校が2011年5月23日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雨にも負けず」です。

次のブログ記事は「平成23年5月24日のひとりごとより  I君のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。