感謝とともに

|

代表 ことば.jpg検定表彰.jpgすべりおさめ代表.jpg代表 すべり.jpg

現落ち葉スキー場最後の日となりました。今日は、落ち葉スキー閉場式です。現コースの造成にお力を貸していただいた来賓の方、教育委員会の先生、現スキー場造成時以降の校長先生、学区の方、保護者の皆さんをお招きして行いました。来賓の方からは、現スキー場をつくったときの様子や苦労、学区や保護者の皆さんの協力の様子が伝えられました。代表児童は、これまでの感謝と、新しいスキー場への期待の言葉を伝えました。今年、五段になった子、五段の子で記録を更新した子の表彰が行われ、各学年の代表や表彰者がすべりおさめをしました。現コース最後の滑りを飾りました。現在も恵田小の特色として続いている「落ち葉スキー」のこれまでを振り返り、いろいろな人とのつながりを感じ、恵田小のこれからを大切にしようという気持ちを高めました。

児童代表の言葉

  十一月に開場した落ち葉スキー場。今年も、五段に昇格した三名をはじめ、多くの恵田っ子が記録を伸ばすことができました。落ち葉スキーはとても楽しい授業です。スタートのきんちょう感、すべっているときの風を切るそうかい感、ゴールしたときの達成感。そして、わき上がる歓声。恵田小でしかできない体験です。この六年間、落ち葉スキーはたくさんの思い出をぼくたちに与えてくれました。

 今のコースの落ち葉スキーは今年最後で、思い出いっぱいの落ち葉スキー場と別れるのはさびしいです。きっと、スキー場ですべったみんなが感じていることでしょう。

 落ち葉スキーは、昭和三十二年に始められ、今のスキー場は、平成七年に、当時の校長先生、学区の皆さんやPTAの方、お父さん、お母さんたちの協力でできたと聞きました。ずっと恵田学区の人たちに守られながら、恵田小学校の伝統行事として続いています。

 今も、毎年テレビ局が取材に来ます。全国にも伝えられ、他の学校にじまんできるものになっているのは、地域の皆さんのおかげだと思っています。
 
 今、来年から使う新しいスキー場を、みんながもっと楽しめる、よいスキー場にしたいと思い、代表委員が中心となって呼びかけ、恵田っ子みんながアイデアを出し合っています。これからもよい伝統として続いてほしいからです。それが、ぼくたちが落ち葉スキー場に、そして、恵田小学校にできる恩返しだと思います。ぼくたち六年生のアイデアは来年の恵田っ子にたくします。ここにいる一年から五年生の皆さん、新しい落ち葉スキー場のこと、お願いします。
 
 今のコースをつくるのにご協力くださった皆さん、落ち葉スキーを支え続けてくださっている地域の皆さん、そして、毎年スキー場の整備をしてくださっているお父さん、お母さん、今まで本当にありがとうございました。恵田っ子の落ち葉スキーと、新しい落ち葉スキー場をよろしくお願いします。                児童代表 運動委員長

月別 アーカイブ


過去のブログはこちら


Powered by Movable Type 4.13