感謝する会

|

IMG_0434 - コピー.JPG

本日、8:20~8:40の20分間を使って、交通指導員・スクールガード・学習支援・読み聞かせボランティアの方々へ感謝する会を行いました。お忙しい中、16名の方が出席してくださいました。6年生の犬塚さくらさんが感謝の言葉をお伝えし、1年生が感謝状、2年生が学校で育てたパンジーの鉢をプレゼントしました。それぞれの代表の方から、温かな言葉をかけていただきました。子供たちも心を込めて「ありがとうございます」と感謝の気持ちを表しました。
 

インフルエンザ対策をお願いします

|

roubai32[1].jpg

本校では、現在インフルエンザによる学級閉鎖等の処置は取っていませんが、ここ数日間4年生に欠席者が多く出ています。本日の欠席者は、1年生が2名、3年生が1名、4年生が8名、6年生が2名の計13名です。その内でインフルエンザB型による欠席者は8名です。インフルエンザB型の症状は、子供の場合には嘔吐・腹痛・下痢となってあらわれ、全快まではおよそ二週間かかります。学校では、「手洗い、うがい、マスク、換気」に努め、予防をしていますが、ご家庭でも予防に努めてください。特に予防のため、お子様にマスクの着用をお願いします。

一輪車検定

|

IMG_0905.JPG

落ち葉スキー検定が終了し、一輪車検定が始まっています。こちらも上の級や段をねらう絶好のチャンスとなります。検定は、10級から神龍まで16段階あり、相当に高度な乗り方ができる児童も多くいます。5月に行う運動会での一輪車カーニバルには、2年生から6年生までが参加できます。特に来年度2年生になる子供たちは、5級(立ち乗りで運動場半周)以上でないと出場できません。みんな一生懸命に練習に励み、検定に臨んでいます。

科学的なものの見方を学ぼう

|

IMG_3990.JPG

5年生の理科「もののとけ方」の授業が佳境に入っています。食塩の溶け方から始まり、ホウ酸の溶け方へと移り、今はまとめの段階に入っています。昨日の課題は、「とけているホウ酸を取り出す方法を考えよう」で、冷やす方法と蒸発させる方法が話し合いの中心となりました。取り出すことのできる理由を図と言葉で説明するワークシートには、子供たちが思い思いに考えを巡らせたすきま説やくっつき説、合体説などから説明した理由が書かれていました。科学的なものの見方を学んでいるのが分かりました。

月曜集会

|

IMG_1953.JPG

月曜集会で落ち葉スキー閉場式を行いました。今回の表彰者は、検定5段合格者の5年生近藤弘崇君(6秒6)、5年生山田遼河君、5段合格者でタイムを更新した6年生柴田爽平君(6秒7)の3名です。また、読書感想文と感想画の表彰を行いました。感想文入選者は6名、感想画入選者は13名でした。みんなの拍手でがんばりをねぎらいました。

やまびこ学習

|

CIMG2937.JPG

2月は、1年間取り組んできたやまびこ学習の成果を発表する時期です。4年生は、キウイの栽培活動と恵田川の調査活動を中心にしたやまびこ学習に取り組んできました。写真は、4年生がやまびこ学習のまとめとして、キウイの花をテレビに映して、雌花と雄花の違いを説明しているところです。子供たちは、5月に雄の花を摘んで、雌の花にくっつけて受粉をさせました。その後も世話を続け11月にキウイを収穫。キウイを使ったいろいろな料理にも挑戦しました。

落ち葉スキー検定

|

IMG_0035.JPG

今週で落ち葉スキーが終了します。週初めの雪や雨でスキー場のコンディションはあまり良くありませんが、子供たちは、昨年の自己ベストを更新しようと意欲的にがんばっています。昭和32年に落ち葉スキーは始められました。当初は、現在の運動場のところにあった山の斜面で行っていましたが、平成7年に市民ホームの西側の斜面に移設しました。リスコースが一番長く、45mあります。そこを6.8秒以内で滑れば最高位の5段です。

むかしあそび

|

IMG_3070.JPG

昨日、1年生が1・2時間目を使って、生活科「むかしあそび」の活動をしました。講師にお招きしたのは、読み聞かせでもお世話になっている柴田千代子さん、柴田昌子さん、柴田万里子さん、保護者の市川浩美さんです。子供たちは、まりつき、お手玉、けん玉などを教えてもらいながら、楽しいひと時を過ごしていました。その他の子供たちに伝えたい遊びとして、あやとり、ゴムとび、竹馬、缶けり、独楽まわし、竹トンボ、たこあげ、めんこ、ぽこぺんなどがあります。一緒に遊んでくださる方を募集しています。

校内授業研究会

|

IMG_3702.JPG

先週の木曜日に校内授業研究会をもちました。5年生の理科「もののとけ方」の授業研究です。課題は、「とけのこった食塩をとかす方法をあきらかにしよう」で、実験した結果を個々にまとめ、それをもとにした話し合いを想定した授業でした。実験は、温める方法、水を増やしていく方法、食塩をすりつぶす方法、食塩水を振り続けるという4つの方法がありました。温めると食塩がとけるとけないなど、自身の結果をもとにした白熱した話し合いになっていく下地がうかがえる授業でした。今後が楽しみです。

図書集会

|

IMG_1938.JPG

全校集会で、図書委員の皆さんが図書室の使い方、本の主人公当てクイズ、毎年恒例の読み聞かせを行いました。今年の読み聞かせは、6年生の図書委員が「おまえうまそうだな」という絵本でした。テラノザウルスのお父さんとうまそうというこども怪獣とのお話で、テラノザウルスが「お前うまそうだな」といって、こども怪獣を食べようとした時、こども怪獣(うまそう)がぼくの名前を知っているからお父さんだと言ってテラノザウルスの足に抱きつくところから物語が始まりました。6年生の図書委員さん5人が上手に読み聞かせるのをみんな真剣に聞き入っていました。

入学説明会

|

IMG_1903.JPG

本日午後より、6年生とその保護者が岩津中学校の入学説明会に出かけます。中学校生活の一端を知ることは、新たな出発への抱負をいだく上でも貴重な体験となります。小学校でもこの機会を活かして、小学校卒業への思いを高めていきたいと考えています。 6年生にとって、卒業式まで残すところ後1か月余となりました。6年生は、卒業を控えてのこの6年間をどう振り返ることでしょうか。徐々にその臨場感が増して行くことでしょう。

教育講演会

|

IMG_1923.JPG

本日、名古屋学芸大学教授三浦浩子先生をお迎えし、全校児童に食育の講話をしていただきました。簡単な質問を子供たちに投げかけながら、食の大切さへと話を進めていかれました。その中で、「気血道」の3つの文字をポイントにして、感謝する気持ち、サラサラ血液、運動の大切さを伝えてくださいました。最後に目を閉じて感謝している人の顔を思い浮かべるようにお話しされ、実際にその時間をとりました。子供たちは、誰を思い浮かべたでしょうか。お子様が帰宅したら、聞いてみてください。

学校自由参観一日目

|

IMG_1909.JPG

本日から3日間、学校自由参観日です。本日は平常日課の授業ばかりで日程が組まれています。学校でのお子様の様子をじっくりと見つめてください。廊下には、校内書き初め大会の作品と文集の挿絵にも使われる版画の作品が飾ってあります。お子様に作品のよかったところのコメントをお願いします。

学力検査

|

IMG_1896.JPG

本日の1・2時間目を使って、全学年で国語と算数の学力検査を実施しました。学校では、毎年この検査の結果を分析して、今後の指導のあり方を検討しています。本年度は、学習習慣の確立を目指して取り組んできました。特に、学習日記を活用しての家庭学習の定着を図りました。それがどう生きたかを学力検査の結果から分析していきます。なお、インフルエンザの流行等で欠席者が6名ありました。出席できたときに順次テストを実施していきます。

もののとけ方

|

CIMG2891.JPG

5年生が理科で「もののとけ方」の勉強をしています。今日の課題は、「考えた方法でとけのこった食塩がとけるかためしてみよう」でした。ある子はアルコールランプで熱したり、ある子は水を加えたり、ある子は必死にかき混ぜたり、ある子はすり鉢に入れてすりこぎでこいだりなど、みんな様々に工夫を凝らして実験をしていました。さて、いい方法が見つけられたでしょうか。そして、水と塩との関係が見えてきたでしょうか。

今日は節分です

|

IMG_2970.JPG

今日は「節分」です。1年生が豆まきをしました。子供たちは黒板の鬼に豆をまきました。そして、先生から「歳の数だけ豆を食べるんだよ」と言われましたが、中には歳以上に食べてしまった子もいたようです。「節分」の本来の意味は、季節が移り変わるときのことで、昔は立春・立夏(りっか)・立秋(りっしゅう)・立冬(りっとう)の前日をいい、年に4回めぐっていたということです。そして、旧暦では、2月3日の節分が大晦日(12月31日)で、立春が元旦(1月1日)とされていました。年賀状に「迎春」「初春」と書くのもこのためです。
 

渡り鳥シメ

|

sime2[1].jpg

昨日、本校のプールの前の土手のところでシメを見つけました。この時期には、シメ、シロハラ、ヤマガラ、ヒヨドリなど、いろいろな小鳥が飛来してきます。ここ数年、鳥インフルエンザが猛威をふるっていて、先ごろでは豊橋で騒ぎになっていますので、あまり渡り鳥のことを話題にできないのが少し寂しいです。死んでいる小鳥などを見たら、絶対に触らないように注意を呼びかけながら、恵田に飛来する小鳥を見つけたら知らせていきます。

校内授業研究会

|

IMG_2873.JPG

昨日、名古屋大学大学院教授的場正美先生を講師にお招きし、校内授業研究会を行いました。研究授業は、5時間目に1年生の国語「じゃんけん」です。子供たちは、話し合う時、話を聞く時、話し方のそれぞれのポイントを身につけ、ペアの子と上手に自作のじゃんけんや調べたじゃんけんを紹介し合うことができました。的場先生から、「とてもにこにこと楽しそうに学んでして、心が温かくなりました」と言っていただけました。これからも本校の研究の目標である「聞き上手、話し上手な子」をめざしてがんばっていきます。

月別 アーカイブ


過去のブログはこちら


Powered by Movable Type 4.13