トップページへ
(1)教育目標
本校の教育目標
めざす子ども
めざす学校
(2)経営方針
子どもたち一人ひとりの願いを大切にした授業づくりを進め、学力の向上を図る。
子どもたち一人ひとりの考えを発信したり、受け止めたりする活動を推進する。
地域に根ざした特色ある活動を推進する。
謙虚な姿勢をもち、子どもや地域に学ぶ教師集団をめざす。
(3)本年度の重点努力目標(職員の合言葉:授業で鍛える 行事で伸ばす)
子ども一人ひとりの目標を明確に把握し、個に応じた授業を展開する。
基礎・基本の定着を図るために「がんばりタイム」などを利用し、漢字検定や算数検定に挑戦させる
自分の考えを広げたり伝えたりする場面を設定したり、文にまとめる活動を進める。
道徳の授業を中心に、豊かな心の醸成に努める。
全校体育や集合学習で、健やかな心と体の増進を図る。
豊かな自然環境や地域の人的環境を学びの場として、ふるさと大雨河を実感できる体験活動を推進する。(ふるさと総合―田んぼの学習、炭焼き学習、お茶の学習など)
学区社会福祉委員会や社会教育委員会の活動と連携して、より多くの人とのふれあいを深め、ともに生きることの大切さと命の大切さを学ぶ交流活動を重視する。(額田の村・朗進大学・いきいきサロン・まごころ隊)
英語への興味関心を高めるために、英語シャワータイムを毎日実践する。
教師の授業力を高める研修を推進する。
宮崎3校での活動(水泳大会、マラソン大会)を進めたり、統合までの様々な課題の解決のための計画を進める。