−平成19年度の額田中学校の教育について−
 
 
保護者の皆様へ
こんな学校にしたいと思います 
本年度、特に力を入れて取り組むこと
特色ある学校づくり
  -確かな日常のある学校-
教育計画の概要
確かな学力を育てるために
学習の力を向上させるために
総合的な学習の時間
寮運営について
平成19年度の生徒会活動について
連合活動ってなあに?
ふれあい活動について1
自分たちで考え行動する委員会活動を
施設・設備
平成19年度の学校組織
 学校教育目標
基本理念 21世紀を創造する豊かな心と確かな学力を培い、額田の美しい自然の下、心身たくましく自ら学び主体的に実践できる生徒を育成する。
 
めざす学校像  心が育つ額田中学校
 
生徒と教師が共感とやる気をもって一体となる、 たくましい実践力のある生き生きと躍動する学校
 
確かな日常を大切にする学校(こころをみがく)
当たり前のことが当たり前にできる日常を大切にし、心が遣える生徒を育てます。
コミュニケーションを大切にして、一人一人が存在感のもてる学校生活を創ります。
地熱の高い学校(こころをもやす)
生徒が全力で取り組む行事や生徒会活動を通して、価値ある感動が共有しあえる高い学校文化の創造に努めます。
生徒の成長を支え、見守りながら、一人一人が自分のよさを生かせるようにします。
その気を育てる学校(こころをきたえる)
「反復徹底学習」と「主体的な学習」の組み合わせで、基礎学力の定着と主体的な学びを身につけさせ、意欲的に取り組める授業づくりに努めます。
自分の考えを追求する「マイタイム」の充実と、その考えを深め広げる「かかわり合い」でのコミュニケーション能力を育て、応用力や学力の向上をめざします。
情のある学校(こころをはぐくむ)
歌うことで育つ仲間意識を大切にし、自信をもって行動できる生徒を育てます。
一人一人に生徒の心をとらえ寄り添い、壁を乗り越える意欲を支えてやります。
心が通う生徒指導を通して、命を大切に確かなきづなと信頼関係づくりを進めます。
安心・安全な学校(こころをやすらぐ)
健康で安全な生活を送るための取り組みや指導に力を入れます。
不審者対応等、学校安全体制のさらなる推進をすすめます。
地域に支えられた学校(こころをつなぐ)
寮のある学校で育つものやメリットを大切にした活動を工夫します。
地域の方々と学校との連携やきづなを強めるための取り組みや、地域とのコミュニケーションを大切にした開かれた学校づくりを行います。







当たり前のことが当たり前にできる       自ら学びたくましく生きる                 心豊かな生徒
280人281脚